公益社団法人 日本麻酔科学会
九州麻酔科学会第59回大会

会 期
2021年9月11日(土)
会 場
宮崎観光ホテル
会 長
恒吉 勇男(宮崎大学)
九州麻酔科学会第59回大会

会長挨拶

会長:恒吉 勇男
(宮崎大学)

恒吉 勇男(宮崎大学)

変革と成長

第59回九州麻酔学会を宮崎でお世話させていただきます。会員の皆様にとりまして有益な情報の提供と資格取得のための単位の獲得、 さらに親睦を深める交流の場として本学会がお役に立てますように鋭意準備しております。
本学会のテーマを「麻酔科の変革と成長」といたしました。昨今、麻酔科を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。 学会専門医から機構専門医への専門医制度の移管、特定看護師の麻酔業務へのサポート、 大都市圏における麻酔科専門医研修におけるシーリングの創設など、これまでにない新しい取り組みが国家主導で次々に実施されています。 いろいろな制度変更に辟易しますが、麻酔科医の将来はどうなるのかではなく、どうしたいのかを学会活動を通じて真剣に討論し、 社会に向けて主張すべきはきちんと主張し、確固たる信念をもって職務を遂行することこそ、明るい未来に向けたベクトルとなり得ると確信しています。
麻酔科医の関与する業務は、麻酔、ペインクリニック、集中治療、緩和ケア、在宅診療と多岐に及びます。 いずれも将来性のあるニーズの高い診療業務です。これら一つ一つを大切に育み、発展させることにより、 麻酔科医の存在価値はさらに向上することでしょう。本学会が、このような高い志を持った真摯な麻酔科医の成長の糧となれば幸いです。
宮崎には、おいしい食べ物やパワースポットなどの観光地もたくさんあります。いい仕事を行うためには、リフレッシュすることも大切です。
Please enjoy a time of tension and relaxation !

多数の会員の皆様の参加を心よりお待ちしています。

日本麻酔科学会2021年度支部学術集会に関する著作権は、
日本麻酔科学会に帰属します|security policy