公益社団法人 日本麻酔科学会
関東甲信越・東京支部第61回合同学術集会

会 期
2021年9月4日(土)〜10月4日(月)
会 場
WEB開催
会 長
奥田 泰久(獨協医科大学埼玉医療センター)
関東甲信越・東京支部第61回合同学術集会

会長挨拶

会長:奥田 泰久
(獨協医科大学埼玉医療センター)

奥田 泰久(獨協医科大学埼玉医療センター)

この度、日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第61回合同学術集会会長を仰せつかりました獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科の奥田泰久です。 支部会を開催させて頂くにあたりご挨拶申し上げます。
大会は2021年9月4日(土曜日)に東京都新宿区の京王プラザホテル新宿での開催を予定でしたが、Covid-19感染症の状況から、 皆様の安全を考慮した結果、通常開催は断念し、Web開催に変更しました。 会期は2021年9月4日(土曜日)~2021年10月4日(月曜日)に変更し、約1ヶ月間の配信といたします。
会のメインテーマは「麻酔科医の今後」といたしました。少子高齢化,医療費の削減、新たな専門医制度、 医師数増加等、わが国の医療界を取り巻く状況は厳しいものであり、さらに麻酔科医に特化した外圧も目立つようになってきました。 そのような状況を認識し、今後、どのような方向にわれわれ麻酔科医が進むべきか皆様と考えていきたいと思います。
その他のプログラムといたしましては特別講演3、教育講演3、一般演題を過去の実績から約100題予定しております。 講演者としては各主題に現状では最も適任と考えられる講師の先生方を準備させて頂く予定です。
Web方式での学会開催では、もしかしたら会員の皆様には大変なご不便をおかけいたすかもしれませんが、最大限努力して準備いたします。 ぜひ大会が有意義なものになるために多くの会員の皆様のご理解とご支援、一般演題への多くのご登録等は不可欠でありますので、 何卒、よろしくお願いいたします。
東京オリンピックの開催年であり、その時のわが国の状況がどのようになっているか、わかりませんが、 大会の開催が日本麻酔科学会、会員の皆様、国民の利益・発展のために少しでもお役にたてることを希望します。
多くの皆様のご参加と演題申し込みを心よりお待ちしております。

日本麻酔科学会2021年度支部学術集会に関する著作権は、
日本麻酔科学会に帰属します|security policy